2022年5月17日火曜日

キハ35系とジオラマ

 最近、ジオラマ制作の書籍を書いていたりする。

3月に第一弾を発行した。


この書籍の詳細はこちら↓

有り難い事にそこそこ読んでいただけているようで、現在調子に乗って第二弾を執筆中である。

そこで作ったジオラマに車両を飾ろうと思った。非電化が良いと思ったのだが、キハ40は第一弾で使ったので、部屋の奥からModemo製のキハ30首都圏色を出してきて使った。

それが冒頭の写真である。

そういえば、キハ30といえば、KATO製のを持っていた気がする。販売用ではなくて、自分用である。

まずはコレ。キハ35 900番台。ステンレスボディの変わり種である。あえてこれを所有しているのは、「オレこれ乗った事がある!」というどうでも良い理由である。よって通常のキハ35は持っていない。普通のキハ35も乗った事があるだろうけど、予算の関係で900番台だけにした。


取り付ける部品は、ジャンパ栓ぐらいである。といってもそんなに簡単でも無い。不器用な私としては緊張するが

なんとか紛失や破損する事なく取り付けた。


ジオラマに飾ってみる。


キハ30系といえば、KATO製のキハ30M車(モータ車)も持っていた。
これも頑張ってジャンパ栓を付けてみた。線の無いやつ。これはもっと大変だった。


そして並べる。キハ40も連結する。ごちゃまぜな編成だが、私が若い頃、実際こんな感じのが八高線にいたと思う。実際完全にこの組み合わせがいたかは保証できないが、近いものはいたと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

キハ35系とジオラマ

 最近、ジオラマ制作の書籍を書いていたりする。 3月に第一弾を発行した。 この書籍の詳細はこちら↓ https://www.amazon.co.jp/dp/B09TTW8L46 有り難い事にそこそこ読んでいただけているようで、現在調子に乗って第二弾を執筆中である。 そこで作ったジ...